Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】家賃を下げずに入居者を獲得するための方法とは?家賃を下げるのはデメリットばかり!

RIKU AONUMA

家賃 値下げ

空室が続く物件などでよく、『家賃下げました!』というキャンペーンなどををよく見かけます。

確かに、家賃が下がるのは入居者にとっては魅力的で効果はあると思います。

しかし当然家賃を下げるというのは、オーナーさまにとっても当初望んでいた結果とは異なってきてしまいますよね。

 

家賃を下げずに入居者を獲得するためにはどのような対策が必要か?

お部屋が決まらないことによる家賃の値下げによるデメリットも合わせて解説していきます。

 

家賃を下げるデメリットについて

 

空室対策において、家賃を下げることは最終手段と言われています。

しかしできることであれば最後の手段としても行わないことが理想です。

家賃を下げることによってどのようなデメリットが生じるのかをご紹介します。

 

収益が減る

 

家賃を下げることのデメリットとして一番容易に考えられるデメリットはやはり収益が減ることです。

もちろん、これはわかっているのですが『空室よりはマシ』という考えで家賃を下げてもし入居者がついた場合、どのようなことが考えられるでしょうか。

 

例:家賃を2000円下げて募集した場合

 

家賃を2000円下げて募集した場合、本来得ることができるはずだった家賃と比べると1年間で2万4千円の差が出てきます。

ご入居者様の中にはもちろん10年以上住まれる方もいらっしゃるので、10年で換算するとたった1部屋で24万円の差が出てしまいます。

 

費用対効果が少ない

 

先ほどの例でお話を続けます。

家賃を2000円下げた場合、オーナー様にとっては年数を重ねるごとに積み重なる大きな額ですが、お部屋を探されている方にとっては2000円ではそこまで大きなインパクトは与えることできません。

家賃が下がったという喜びは入居後2,3ヶ月で忘れてしまうことがほとんどです。

 

オーナー様は利率を考え、長期的にみる必要がありますが、お部屋探しの方で圧倒的に多いのは初期費用などの『今』かかるお金を気にされる方です。

つまり、極端に言うと家賃2,000円の値下げはオーナー様にとっては毎月2,000円の損失に対して、ご入居者様からすると初期費用が2,000円安くなるくらいの価値しかない場合もあります。

これは、とても割に合わないですよね。

 

既存の入居者からの指摘

 

お部屋を募集するときはインターネットに掲載する場合がほとんどです。

その募集条件は、お部屋を探されている方だけでなく現在そのマンションに住んでいる方もチェックしている場合があります。

 

もし、その方が自分がいま払っている家賃よりも安く募集されていることに気づいたら。。。

 

不公平だと感じ、『自分も家賃を下げてほしい!』ということになりかねません。

もし仮にそれで下げてしまったら、ほかの方にもその事実が伝わりどんどん家賃を下げる羽目に、、、

という悪循環が起こってしまう可能性もあります。(実際にこのような事例は起こっています。)

 

一度下げると次回からの募集で家賃を戻すことは難しい

 

家賃を下げて募集をしてしまうと、今後同じ条件で家賃を上げて再募集することが難しくなります。

お部屋を紹介する仲介会社にも家賃が下がったという情報は当然流れているので、『このお部屋はこの家賃まで下げて募集していた過去がある』ということもわかっています。

無理やり家賃を上げて募集することもできなくはありませんが、仲介会社としては紹介しにくくなってしまい成約の可能性が下がってしまいます。

そうして成約しないまま、また家賃を下げるという悪循環になってしまう可能性もあります。

 

家賃を下げずに空室を埋めるためにはどうすればよいのか?

 

このように、家賃を下げることは簡単で魅力的ですが、一度下げてしまうと思いもよらない部分でリスクがあったりトラブルになったりする場合があります。

 

では、家賃を下げずに入居してもらうにはどうすればよいのか?

 

まず、とても大切なことは『空室が出た段階で正しい分析とプランニングを行うこと』です。

これをしっかり行えていれば途中から家賃を下げたりすることもなく、初めから自信をもって入居者の募集を行うことができます。

 

募集の時に『とりあえず強気にこれくらいで募集しましょう。』という不動産屋さんが時々いますが、それではラッキーを狙いに行っているだけで、何の根拠もない金額設定になってしまいます。

賃貸経営は基本的に、常に満室状態を維持することが成功の条件ですので、ラッキーを狙うのではなく根拠を持った空室対策を行い、入居者に選んでもらえる部屋をしっかりと作ることが何よりも大切です。

 

今回は、家賃を下げずに入居してもらうための有効な方法を一つご紹介いたします。

 

エーチームのゼロ賃貸

 

空室対策のプロであるエーチームの商品の一つである『ゼロ賃貸』。

これは、お部屋探しをされる方に強烈なインパクトを与え、物件の早期満室化を実現するシステムです。

家賃を一切下げることなく満室につながることから、オーナー様にとっても嬉しい画期的なプランですよ。

エーチームでは、ただ満室にするだけがゴールではなく、常に収益を最大化できる方法で運用のお手伝いをさせていただいております。

エーチームには今回の『ゼロ賃貸』をはじめ、様々な商品が揃っています。

空室に悩むオーナー様、ぜひエーチームまでご相談ください!

 

ゼロ賃貸詳細ページはコチラ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】退去の理由を知り、無駄な退去を防ぐためのポイント!

オーナーさま耳寄り情報

借りる

【新規管理物件のご紹介】~パストラーレ~

おすすめ物件
悩む男性

リースバック

【リースバック】ご利用事例(教育資金確保)愛知県岩倉市

LB利用事例(ローン返済)

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】鍵のトラブル対応

賃貸管理(オーナー様向け)

空室でお悩みのオーナーの方必見!空室対策のアイデアをご紹介します!

空室対策

街・地域

名古屋の名店『うな昇』さんでおいしい鰻をいただきました!

おすすめの〇〇
美味しいお店