Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

簡単に家賃を下げてはいけない!家賃を下げたことによる意外なトラブル事例!

RIKU AONUMA

空室を募集していて、なかなか入居者がつかない時「家賃を下げる」というのは空室対策として効果がある方法かもしれません。

しかし、目の前の入居者の欲しさに安易に家賃を下げてしまうと思わぬところでトラブルが発生してしまうケースがあります。

今回はそんな事例をご紹介いたします。

 

事例1.既存の入居者からのクレーム

 

募集中の部屋の家賃を下げたことは、インターネットを通じてだれでも簡単にみることができます。

そしてインターネットはお部屋探しの方だけでなく、現在住んでいる方も意外にチェックしています。

その入居者が、今自分が支払っている家賃よりも大幅に安い募集条件を見つけることで家賃の値下げを要求されるケースがあります。

当然、その要求に応じてしまうとオーナー様の収益の低下につながりますし、さらに他の入居者からも家賃の値下げを要求される・・・という連鎖が続く可能性があります。

また、最初に値下げの要求を断ったとしても対応の仕方を間違えてしまうと、それを機に入居者が損をしている感覚になり結果的に退去につながってしまうこともあります。

もともと、入居者を埋めるために家賃を下げたのに他の部分で家賃の値下げをしなければならなくなったり、新たに退去が出てしまえば元も子もありませんよね。

 

事例2.仲介会社に「ここまでなら下がる」と思われてしまう

 

家賃下げて募集して、そのお部屋が決まったとします。

そして次に退去が出て、新たに募集するときに元の家賃に戻して募集したとします。

しかし、仲介会社には前回の家賃を下げて募集をしていた部屋のデータが残っているので、

「このオーナーさんは交渉すればここまでなら下げてくれる」と思われてしまう可能性があります。

 

仲介会社の中には、下がる前提でお客様にお部屋をご紹介するところもあります。

そのように一度家賃を下げてしまうことにより、その物件自体の価値が下がってしまうということになりかねませんので注意をするようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

家賃を下げるということは、当然オーナー様の収益を減らしてしまうことにつながるので簡単に下げることはせずに最終手段という感覚を持つようにしましょう。

 

相場よりもかなり高い場合などは、相場に合わせる必要もありますが、そこまでではない場合でしたらほかの原因を解決すれば空室は埋まります。

エーチームでは家賃を下げずに空室を埋めることができる「ZEROチンタイ」という画期的なプランを運営しております。

 

※ZEROチンタイ詳細ページはコチラ

 

家賃を下げずに空室を解決したいオーナー様はぜひエーチームまでお問い合わせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸マンションオーナー

賃貸管理(オーナー様向け)

これからの賃貸経営 ~お客様ニーズに応える~

オーナーさま耳寄り情報
お役立ち情報

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑥審査ラクラク【メゾン・ド・エリジェ】

おすすめ物件
コロナワクチンナビ

街・地域

【どうなるコロナワクチン!】コロナワクチン接種の予約方法などはこちら!

お役立ち情報
地域紹介

街・地域

8月3日開催!『エコフェスタ名東2021』

イベント
お知らせ
地域紹介

賃貸管理(オーナー様向け)

空室に悩むオーナー様のよくあるご相談事例

オーナーさま耳寄り情報

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑤審査ラクラク【メゾン・ド・アージュ】

おすすめ物件