Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】あなたの物件の共用部は大丈夫ですか?

RIKU AONUMA

空室対策というと、室内のリフォームや募集条件などに目が行きがちですが、

エントランスや駐輪場などの共用部も決しておろそかにしてはいけないポイントです。

なぜなら、内覧をする際お客様が一番に見るのは共用部だからです。

つまり共用部は物件の第一印象であり、実際にここが原因でお部屋が決まらないというケースも多いので、

空室対策の際には必ず意識するようにしましょう。

 

では、実際にどのようなポイントを意識すると効果的なのかをご紹介いたします。

エントランス

 

まずはエントランスです。

冒頭で述べたように、エントランスは特に物件の第一印象として大切な役割を持っています。

ここが汚れていると、初めからイメージダウンしてしまいますので気を付けましょう。

また、エントランスにある集合ポストに郵便物がたまっていたりするとそれだけで、

「ここの物件空室が多いのかな?」と思われてしまい、お客様から見ると不信感につながってしまいますので定期的にチェックをするようにしましょう。

 

階段・廊下

 

次は、階段や廊下の通路となる部分です。

ここも部屋に行くまでに必ず通る場所なので、必ず手入れしておくようにしましょう。

クモの巣が張っていたりすると、虫嫌いのお客様などはその時点でNGとなってしまう場合も少なくありません。

また、よくあるのが「階段の照明が切れている」ことです。

夕暮れ後に案内に行く場合、階段の電気がついていない部分があると暗くてお客様から「怖い」という印象を持たれてしまうことが多いです。

ですので、共用部の電球は切れていることがないように気を付けましょう。

また、もともとの明かりが暗いのであれば消費電力も抑えることができるLEDに変更するのもおすすめですよ。

 

ゴミ置き場

ゴミ置き場は常にきれいに保つよう心がけましょう。
お部屋を探されている方の中で、どんな入居者が住んでいるかを知るためにゴミ置き場をチェックする方は多いです。
その時、ゴミ置き場が荒れている状態だと入居者の質が悪いのではないか?管理が行き届いていないのではないか?という不安を持たれることが多いです。
敷地内にゴミ置き場があるということはプラスになるポイントであるはずなのに、そのような状態ですと逆にマイナスポイントになってしまいます。

駐輪場

 

駐輪場も大切なポイントの一つです。

よく、長いこと放置されていてサビだらけになっている自転車が置いてある駐輪場を見かけますが、このような状態では管理状態に不安を持たれてしまいます。

駐輪場においてある不要な自転車は定期的に撤去し、駐輪スペースを確保することで常に停めやすい状態を保てるように心がけましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

物件の共用部を手入れすることで、案内時の印象アップはもちろん既存の入居者様からも好印象を持ってもらうことができ、退去率を下げることができます。

皆さんの物件はいかがでしょうか?

もし一度お問い合わせいただけましたら、無料で私たちが物件の確認もさせていただきますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

 

空室にお困りのオーナー様はぜひエーチームまでお問い合わせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

エーチーム管理看板

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】当社管理物件に看板設置しました!

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】賃貸物件のトラブル対応について②

オーナーさま耳寄り情報
すき家看板

プライベート

【すき家】期間限定!「お好み牛玉丼」

美味しいお店

借りる

賃貸の退去費用ってどんなもの?原状回復や経年劣化についても解説!

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

安定した賃貸経営のための原状回復工事のポイント

お役立ち情報
空室対策
マンションメンテナンス

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸オーナー様必見!】メンテナンスはどのようにしたらいいの?

お役立ち情報
リフォーム・リノベーション