Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】入居者のターゲットを決めることで入居率を上げる!

NAOKI MIZUTANI

空室を募集するときに、あなたの物件は入居者のターゲットを決めていますか?

実は、空室対策においてどんな層を入居者のターゲットにするかはとても大切になってきます。

正しく入居者をターゲティングして、それに沿った空室対策をすることで入居率を上げることができますよ。

 

今回は、物件による入居者のターゲットの決め方についてご紹介いたします。

 

地域の特徴を知る

まず、入居者のターゲットを絞る際にまず大切なことは物件のある地域の特徴を知ることです。

地域によって様々な特徴があります。例えば、、

・ベッドタウンで転勤族の多い地域

・繁華街となっており夜までにぎやかな地域

・大学や専門学校などが近くにある地域

・駅から離れている地域

など、まったく同じ特徴のある土地は一つもないのでそれぞれの地域に合わせてターゲットを決めます。

転勤族の多い地域は、ファミリー向けに室内を改装したり、単身のビジネスマンの場合だとネット環境が不可欠であったり、ということが考えられます。

学校の近くにある物件や繁華街などの地域は、単身用の場合セキュリティ環境を重視される方が増えるでしょう。オートロックや防犯カメラ、TVモニターホンなどを導入するのも効果的です。

駅から離れている場合は、駐車場を必要とする方が増えるでしょう。敷地内になくても近隣に駐車場を確保することで入居率が上がる場合があります。

このように、物件のある立地の特徴を知ることはターゲットを絞る方法の1つです。

 

部屋の特徴を考える

同じ建物でも部屋の位置や特徴によってもターゲットを絞ることができます。

例えば、エレベーターなしの物件の場合3~4階のお部屋の場合は高齢者の方や小さい子供がいるファミリーにとってはなかなか階段での上り下りが大変になるので選ばれにくい場合があります。

そういった場合は、若い層に選ばれるような部屋作りをするのもよいかもしれません。

その反対に、1階のお部屋などは高齢の方や小さい子供のいる家族には住みやすいので、例えば和室を残したままにしておくなどのターゲットに合わせた空室対策を行うことができます。

 

ターゲットの絞りすぎには注意

今回、ターゲットの設定は空室対策に効果的だという話をさせていただきました。

しかしターゲットを絞りすぎると入居者の幅が狭くなりすぎてしまい、選ばれにくいお部屋になってしまう場合もあります。

例えばデザイナーズ物件といい、かなり奇抜なリフォームをしたことによって空室が続いている物件なども実際にあります。

ターゲットを絞ったからと言って、必ず狙い通りの方が入居するとも限りませんので、そのあたりも考慮しながらバランスよく入居者のターゲットを決めていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は入居者のターゲットの決め方やその重要性についてお話させていただきました。

エーチームでは、空室対策としてその部屋ごとに徹底的な分析をして空室対策のプランニングを行っております。

空室対策のご提案は無料でさせていただいておりますので、空室にお困りのオーナー様はお気軽にエーチームまでご相談ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

金沢中央市場食堂

街・地域

メニュー豊富で新鮮な定食屋さん!『金沢中央市場食堂』名古屋市名東区

おすすめの〇〇
美味しいお店

売る・買う

中古マンションの購入について⑩~重要事項調査報告書のチェックポイント(管理費等)

お役立ち情報
リースバック

リースバック

【エーチームのリースバック】基礎知識編

お役立ち情報
ラムート池下

街・地域

La muto(ラムート)池下のイタリアンレストラン【千種区】

美味しいお店

街・地域

名古屋市評判のいい病院リハビリが人気の名東区【さいとう整形外科】

お役立ち情報

売る・買う

中古マンションの購入について⑨~重要事項調査報告書とは?

お役立ち情報