Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

安定したアパート賃貸経営に欠かせない空室を埋める方法

ATEAM EDITOR

賃貸物件を所有されているオーナー様で、空室対策という言葉を聞いたことはありませんか。
空室対策とは、賃貸物件の空室を埋める方法です。
賃貸物件は借りて市場となっている今、全てのオーナー様にとって空室対策は必要でしょう。
そこで今回は基本的な空室対策そのポイントをご紹介します。

 

□どんな空室対策が有効なの?

空室対策には多くの種類が存在しており、その費用や効果はそれぞれ異なります。
今回は基本的な空室対策を4つ紹介します。

 

*物件ターゲットの見直しをする

ターゲット

物件があふれているエリアでは、競合物件と同じような状態では差別化できません。
周りの物件と違う入居者を意識することが大切です。

年々増え続けている外国人労働者や高齢者といったように、入居者のターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか。
それとは逆に、ペットの受け入れを可能にするなどしてターゲットを広げてみても良いかもしれません。

このような物件のターゲットの見直しは、ほとんどコストがかからないため気軽に行える空室対策です。
また、このようは変更があった場合は、今住んでいる住人にその旨を知らせておきましょう。
これによって、引っ越してきた方と前住んでいた方との間でトラブルが発生することを防げます。

 

*入居時の負担を軽減する

家賃や更新料の値下げ、敷金礼金の廃止は、賃貸物件自体の収益を下げてしまうため、できるだけ避けたい方法です。
しかし、同時にこれらはコストをかけずにすぐにできる空室対策でもあります。
また、リスクがある分かなり効果的な方法でもあるため、最終手段として用いられることが多いでしょう。

そのような状況に陥った場合、家賃を下げる前にまずは入居時にかかる費用を減額することをおすすめします。
家賃の値下げは継続的な収入減ですが、初期費用のみであれば一時的な落ち込みで済みます。
初期費用を減額すると、仲介の不動産業者も物件をアピールしやすくなるため、内覧者の増加が期待できるでしょう。

「敷金礼金0」という言葉は、物件を決めかねているお客様を入居させる、最後の一押しになる可能性も高いです。
また、決め損ねて2~3か月空室にしてしまうよりも、思いきって減額をした方が将来的には得策であることも理由の1つでしょう。

ただし、何の調べもなく入居費用を減額することはおすすめしません。
はじめに周辺相場を確認して、競合物件と比較する必要があります。
さらに、所有している物件に割高感がないか、募集条件のニーズと賃料はマッチしているか、といった点もチェックしましょう。

そしてその調査結果からいくら減額するのか決定します。
適正な入居費を設定することが、有効な空室対策になるかどうかを左右するでしょう。

 

*共用部を整えて内覧率を改善する

空室が続いている理由が物件の条件だけとは限りません。
知らない内に、内覧のイメージが悪いことが入居を遠ざけている可能性があります。
建物の第一印象は非常に大切なもので、外観も内観も入居を決める重要な判断基準です。

特に庭やエントランス、ゴミ置き場、駐輪場といった共用部分は、きちんと整備されているかどうかがすぐに分かるでしょう。
雑草が生い茂っていたり、廊下が汚れていたりすると、内覧している方は物件に悪い印象をもってしまいます。

また、駐輪場に自転車が散乱していたり、ゴミ置き場にゴミが溢れかえっていたりすると、かなりのマイナスポイントになりかねません。
こういった整備は、コストをかけることなくできるので、日常的に意識していつ内覧が来ても対応できるようにしておくことをおすすめします。

 

*人気の設備を導入する

人気の設備を導入すると、内覧の際に良い印象を与えるだけでなく、広告の時点で多くの方の目に留まるようになります。
導入した設備を必須項目としている借り手を引き込めるでしょう。

「バストイレ別」「室内洗濯機」「独立洗面台」といった設備の人気が高いようです。
特にバストイレ別を必須項目にしているお客様は非常に多い印象です。
独立洗面台は女性の方からの問い合わせが多く、化粧をゆったりできるスペースがあることが理由の1つでしょう。

さらに単身者用物件であれば「インターネット無料」「オートロック」が入ります。
インターネット無料の設備は、いま最も人気のある設備と言われており、特に若い方から支持されています。
インターネット料金は月々の5000円かかることがほとんどですから、これが家賃に含まれているのは嬉しいポイントですね。

加えてファミリー用物件は「追い焚き機能付きバス」「浴室乾燥機」などがランクインしています。
浴室乾燥機は雨の日や冬の寒い日でも洗濯物が干せて便利ですね。

上記で挙げた設備以外にも「TVモニターインターホン」「温水便座洗浄機」「宅配ボックス」などが人気です。
これらは簡易な工事で設置可能であるため、ぜひ導入を検討してみてください。

 

□まとめ

今回は基本的な空室対策を紹介しました。
それぞれのポイントに沿って適切な空室対策を行えば、入居率の上昇が期待できるでしょう。
また、当社は賃貸物件の空室を埋めるサポートをする不動産業者です。
何かお困りのことありましたら、お気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

エーチーム管理看板

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】当社管理物件に看板設置しました!

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】賃貸物件のトラブル対応について②

オーナーさま耳寄り情報
すき家看板

プライベート

【すき家】期間限定!「お好み牛玉丼」

美味しいお店

借りる

賃貸の退去費用ってどんなもの?原状回復や経年劣化についても解説!

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

安定した賃貸経営のための原状回復工事のポイント

お役立ち情報
空室対策
マンションメンテナンス

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸オーナー様必見!】メンテナンスはどのようにしたらいいの?

お役立ち情報
リフォーム・リノベーション