Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 借りる

生活音や騒音のトラブルを防ぐためのお部屋探しのポイント!

RIKU AONUMA

お部屋探しをされる方の中で多いのが、生活音や周囲の騒音に悩まされたくない、という音問題。 やっぱり、せっかく選んだお部屋に住んでいて毎日周りの音を気にするのはストレスになってしまいますし、反対に自分が意図していないところで他の方に迷惑をかけてしまっており、クレームが入ってしまうということも少なくないトラブルです。 今回は、そんな「音」問題を少しでも減らすためのお部屋探しのコツをお話しします。

音が気になりにくい物件のポイント

 

では、実際にお部屋を探す時にどのようなポイントをおさえながら物件探しをすればよいのでしょうか?

ご紹介いたします。

 

鉄筋コンクリート造

やはり、防音性に関するところで1番多く言われるのがその建物の構造についてです。

一般的に建物の構造の中では、 木造〈鉄骨造〈鉄筋コンクリート造 の順で防音性が高くなるとされています。 ですので、構造は鉄筋コンクリート造の物件を探してみるのがオススメです。

 

分譲賃貸マンション

先程、構造の事に触れましたが、単純に構造の違い=防音性の違いとも一概には言い切れません。 例えば、しっかりと防音対策をして作られた木造の物件と、あまりコストをかけずに作られた鉄骨造の物件だと、前者の方が防音性が高い事もあります。 そこで、オススメなのが分譲マンション。

分譲マンションは、一般的な賃貸マンションより比較的コストをしっかりとかけて、住むためのことを考えて作られてることが多いので、防音性も高いことが多いです。

どうしてもその分、家賃も高めに設定されていることが多いですが、ご予算に余裕のある方は分譲賃貸マンションも視野に入れてみると快適な生活を送れるかもしれません。

 

最上階角部屋

こちらは、構造などではなくその建物におけるお部屋の位置の問題です。

単純に最上階だと上階からの足音なども気になりませんし、角部屋になると隣接するお部屋が少なくなるので、隣からの音も気になりにくいです。

反対に、小さなお子様がいらっしゃる方など階下への足音を気にされる方は1階のお部屋を選ばれる方も多いですよ。

 

二重サッシ

マンション内の生活音ではなく、線路や交通量の多い道路の近くだと、外の音が気になる場合もあります。

もし、そのような立地に気になる物件があった場合は窓が二重サッシになっているかもチェックしてみるといいかもしれません。そのような場合は、窓を開けた状態と閉じた状態でしっかりと防音ができているか、自分が生活していることをイメージして音が気にならないかどうかを確認することが大事です。

また、厚めのカーテンをつけるなど自分でできる対策も効果的です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

このようなポイントを意識してみることで、実際にお部屋を決めてからもトラブルやストレスに悩まされることを回避できるかもしれません。

特に、音の部分は内覧の時にはわかりにくい部分でもあります。

ですので、しっかりと不動産屋さんにどのようなポイントに気を付ければいいのか相談しながら内覧を進めていくといいですよ。

 

エーチームでは名古屋市内を中心に数多くの賃貸物件のご紹介をさせていただいております。

お部屋探しはお気軽にエーチームまでお問い合わせください!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

リースバック_イメージ

リースバック

【リースバック】ご利用事例(ローン返済)愛知県長久手市

LB利用事例(ローン返済)

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】退去の理由を知り、無駄な退去を防ぐためのポイント!

オーナーさま耳寄り情報

借りる

【新規管理物件のご紹介】~パストラーレ~

おすすめ物件
悩む男性

リースバック

【リースバック】ご利用事例(教育資金確保)愛知県岩倉市

LB利用事例(ローン返済)

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】鍵のトラブル対応

賃貸管理(オーナー様向け)

空室でお悩みのオーナーの方必見!空室対策のアイデアをご紹介します!

空室対策