Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

アパートの空室が埋まらない原因とは?空室対策について理解を深めよう!

ATEAM EDITOR

アパート

「空室の期間を短くしたい」「部屋が埋まらない原因は何だろう」
賃貸アパート・賃貸マンションの経営をされている方で、このような空室に関するお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、原因と対策について紹介します。
空室対策でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

 

□空室が埋まらない原因とは?

賃貸アパート・賃貸マンションの経営は副業としても人気が高く、誰でも安定した給料を得られると思っている方は多いのではないでしょうか。
賃貸経営は空室が発生すると安定した家賃収入を得られません。
それゆえ、空室対策を万全に行う必要がありますが、なかなか空室が埋まらなくて悩んでいる方は多いでしょう。
まずは、その原因について解説します。

1つ目は、賃貸の物件情報が足りていないことです。
一昔前は、冊子や不動産会社のドアに物件情報を掲載することが主流でした。
しかし、近年はネットでの掲載が主流となり、アプリなども活用されています。
時代とともに掲載先が変わっているため、従来の方法で入居者を呼び掛けるケースがかなり減りました。

立地条件が優れていても気づいてもらえない場合があるので、空室を埋めるには認知度を高めることが不可欠でしょう。

2つ目は、賃料設定が周辺の類似物件よりも高いことです。
皆さん、相場とかけ離れた家賃にしていないでしょうか。
物件の条件が同じ場合、入居者は必ずと言っていいほど家賃の低い物件を選びます。
そのため、物件の周辺エリアの相場を再度確認した上で、値段の変更を検討しましょう。

3つ目は、共有部分の清掃が行き届いていないことです。
アパートやマンションには入居者全員が使う共用部分が存在します。
この共用部分は、オーナーや管理を委託している管理会社が清掃を行います。

清掃が行き届いていないと、物件そのものの印象が悪くなり、満足度の低下につながります。
入居者の気持ちになって住環境を整えましょう。

 

□空室対策について知っておこう!

ここからは、より空室に対しての理解を深めるために、対策を紹介します。

 

*ターゲットの見直し

現在の日本では賃貸物件があふれていて入居者側の借り手市場が続いています。
物件があふれている状況では、同じような物件に対しての差別化が難しくなっています。
対策にコストはつきものですが、ほとんどコストをかけずに差別化する方法としてターゲットの見直しがあります。

高齢者、学生、ペットを飼いたい人など、狙う層を絞ったり、入居者の幅を広げたりすることによって費用をかけずに対策ができます。

 

*内見数を増やす

空室を埋める方法として内見数を増やす方法もあります。
最近では、新しい部屋への引っ越しを検討されている方の中で、不動産会社の店舗への訪問は減ってきています。

その一方で、仲介会社に訪れずにインターネットを利用して自ら部屋を探す人が増えてきています。
これらを踏まえると、ホームページの写真や情報が重要なカギを握るでしょう。
いかに部屋の良さを伝えられるかによって、入居の希望は変化してくると言えます。
掲載している写真が古くなっている場合は、新たに更新することをおすすめします。

 

*人気の設備を導入する

人気の設備を導入する方法も有効です。
もはや当たり前になった設備としては、部屋に付属しているエアコンや、Wi-Fiなどがあります。
入居者自身がインターネットを利用できる部屋を探している場合は、検索の際に住宅設備で絞り込みをかけるでしょう。
多くの方に検索してもらうために人気の設備を導入することは有効的です。

 

*リフォームを行う

物件自体が古くなっている場合はリフォームを検討しましょう。
リフォームはそれなりに費用が掛かってしまいます。
しかし、リフォームすることによって注目を集め、人気な物件になるケースがあります。
リフォームする場合は大切なポイントを押さえて失敗しないようにしましょう。

 

□注意点を確認しよう!

ここまでは空室対策について紹介しました。
ここからは効果的な空室対策を行うための注意点を紹介します。

1つ目は、流行している対策についてです。
一次的に流行している対策方法はすぐに取り入れずに様子を見ることが大切です。
以前、オール電化が流行った時期がありましたが、入居者からの評判が悪くなったケースがあります。
一時的に流行っているものにすぐに飛びつくのではなく、一定期間様子を見ることをおすすめします。

導入したい場合は事前に調査してから行いましょう。

2つ目は、賃料の値下げについてです。
管理会社に委託している場合、管理会社に言われるまま賃料を値下げしてしまいがちです。
しかし、家賃を下げるとその分収入が落ちてしまいます。
そのため、すぐに賃料を下げないことが大切です。

また、入居者を集めるには「物件のお得さ」を感じさせることも効果的です。
駐車場の料金を下げたり、一定期間賃料を下げるイベントを行ったりすると経営の成功につながるでしょう。

ゼロ賃貸オーナー用 | 名古屋の空室対策カンパニー|エーチーム (ateaminc.jp)

 

 

□まとめ

今回は、空室の原因と対策について紹介しました。
賃貸アパートや賃貸マンションの空室対策についてお悩みの方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

電話問い合わせ(名東) メールでの問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸マンション

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】空室継続による損失

空室対策

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑧人気の東山線が使える分譲賃貸

おすすめ物件

賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】共用部の手入れを行うことで入居率が上がることはご存じですか?

空室対策

賃貸管理(オーナー様向け)

これからの台風や災害に備えて

お知らせ

売る・買う

古い戸建の賃貸管理物件で漏水発生!

オーナーさま耳寄り情報
お役立ち情報

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑦徒歩4分人気の東山線が使える分譲賃貸

お役立ち情報