Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

空室対策についてお悩みの方へ!戸建ての空室対策についてご紹介します!

ATEAM EDITOR

戸建ての空室問題についてお困りの方はいらっしゃいませんか。
空室期間が長引いてしまうと収入を得られず、賃貸経営に大きなダメージを受けてしまいます。
そこで今回は空室対策について紹介していきます。
戸建ての空室対策をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

□戸建て賃貸経営のメリットとは?

 

賃貸経営には、戸建ての経営やマンション、アパートなどさまざまな種類があります。
賃貸経営は、長期的に家賃収入が入ることや生命保険の代わりになること、少ない資金からでも始められるなどのメリットがあります。
中でも、戸建ての賃貸経営のメリットには何があるのでしょうか。
ここでは、戸建ての賃貸経営のメリットについて紹介していきます。

1つ目のメリットは、長期的に安定した家賃収入を得られることです。
これは代表的なメリットですが、アパートやマンションと比べて、戸建ては入居期間が長い傾向があります。
そのため、長期にわたって安定した家賃収入を見込めるでしょう。

なぜなら、マンションやアパートは一人暮らしの方や子供のいない世帯の割合が高く、入居から退去までの期間が短い方が多いです。
それに対して戸建ては、子供がいる家庭であったり、いない家庭でもゆっくり暮らすために長期移住を好んだりする傾向があるからです。

2つ目のメリットは、立地条件が厳しくないことです。
マンションやアパートを探している人は駅から近いなどの立地条件を最優先に考えるケースが多いです。

しかし、戸建てを借りる人はどうでしょうか。
戸建てなら車や自転車、バイクなどを敷地の中に置いておけます。
また、立地条件よりもゆっくりと暮らすことを重要視している場合が多いです。
そのため、戸建ての賃貸は立地の選択肢を幅広く持てるでしょう。

3つ目のメリットは、管理がしやすいことです。
アパートやマンションなどの多くの人が一つの建物に住んでいる場合は、人が多い分管理にかなりの手間がかかってしまいます。
しかし、戸建ての場合は管理対象が一世帯だけであるため、手間がかかりにくく管理がしやすいでしょう。

このように戸建ての賃貸経営には多くのメリットがあります。

 

 

□空室の原因について知っておこう!

 

ここまでは戸建て経営のメリットについて紹介してきました。
賃貸経営において空室対策はとても重要な問題です。
ここでは空室対策で考えられる原因について紹介していきます。

まずは、物件の性能についてです。
物件の性能についての原因で考えられることは築年数、構造、立地、間取りが挙げられます。
築年数が古い建物よりは新しいもの、構造は木造よりも頑丈なイメージのある鉄骨造りが好まれます。
また、戸建てにおいて立地は、マンションなどに比べ多少遠くても選ばれますが、好立地の方がより好まれるでしょう。

次に、家賃設定です。
家賃の設定が相場より高い場合、入居者を集めることは難しいでしょう。
また、周囲に同じような条件の物件があり、その物件より高い家賃設定をしていると競合で負けてしまうことがあります。

最後に、建物管理についてです。
建物の中の手すりや廊下がボロボロだったり、設備が古かったりすると契約が決まりにくくなってしまいます。
それ以外にも、外側にある駐車場やごみ捨て場の管理がされていないと入居が決まらないこともあるでしょう。

 

 

□空室対策について確認しておこう!

 

戸建ての賃貸はほかの賃貸とは異なり、入居者の求めているものが異なります。
そのため、空室対策も変わってくるでしょう。
そこで、戸建ての空室対策を確認していきましょう。

 

*客付け方法を見直すこと

戸建ての場合、子持ち世帯の利用が多いという特徴があります。
そうなると、子供がいることで簡単に引っ越しができない可能性が高いです。
そのため、敷金礼金を0円にしてみるといった対応をとると良いでしょう。
長期的に住む可能性が高いため、長い目で見ると経営へのダメージも少ないと考えられます。

 

*入居条件を緩和すること

戸建ての賃貸はそれぞれが独立しているため、ペットを飼っても近隣間で問題が生じにくいです。
ペットを飼っている方は多いため、ペット可とすることで需要が高まるでしょう。
しかし、ペット可にすると家が傷ついてしまう可能性もありますよね。
その場合は、契約の際に傷の原状回復費用などは入居者負担にすることを明記するなどの工夫をすると良いでしょう。

*庭をきれいにすること

戸建ての場合マンションなどと違い、独立している広い庭を持てます。
庭を遊び場にしたり、お花や木を植えたりと、内覧時に入居者が活用方法を想像できるように整えてあげると良いでしょう。

このように戸建ての空室対策はマンションやアパートとの差別化を図ることが大切でしょう。

 

 

□まとめ

今回は、戸建ての空室対策について紹介しました。
戸建ての賃貸経営のメリットや空室対策について理解していただけたでしょうか。
空室対策をするには、原因を見つけ速やかに対策を行うことが大切です。
賃貸管理で何かお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら ↓ ↓ ↓

電話問い合わせ(名東) メールでの問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸マンション

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】空室継続による損失

空室対策

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑧人気の東山線が使える分譲賃貸

おすすめ物件

賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】共用部の手入れを行うことで入居率が上がることはご存じですか?

空室対策

賃貸管理(オーナー様向け)

これからの台風や災害に備えて

お知らせ

売る・買う

古い戸建の賃貸管理物件で漏水発生!

オーナーさま耳寄り情報
お役立ち情報

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑦徒歩4分人気の東山線が使える分譲賃貸

お役立ち情報