Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

賃貸管理の業務内容とは?徹底解説します!

ATEAM EDITOR

賃貸マンション

管理会社の役割や、賃貸管理がどのようなものであるかご存じでしょうか。
あらかじめ基本的な内容を理解しておくことは非常に大切です。
そこで今回は、現在自主管理をされており、管理を委託しようと考えの方へ向けて賃貸管理の業務内容をご紹介します。

 

 

管理会社の役割を知ろう!

管理会社の役割はたくさんありますが、簡潔にまとめると「入居者が快適に過ごせるように物件を管理すること」です。
例えば、入居者の方から共有スペースである階段の電気が切れていると連絡をもらったら、修繕を行います。
これは、入居者が物件の持ち主から部屋を借りている状態なので、マンションの設備を勝手に修理するのは難しいからです。

また、隣の部屋の生活音が気になると連絡をもらった際なども対応を行います。
入居者同士が直接クレームを言うことはトラブルを生みやすいため、管理会社から連絡をします。
それによって不要な争いを避けられるでしょう。

このように、管理会社は物件管理の仲介業務であることを理解しておきましょう。
また、入居者から修理の依頼があっても管理会社が直接行うのではなく、基本的には業者に依頼する場合が多いです。

上記のように、管理会社の役割とは建物の管理や家賃の管理、クレーム対応、退去時の立ち会いなどが挙げられるでしょう。

 

賃貸管理とは?

賃貸管理とは、物件の持ち主から賃貸マンションやアパートを預かって管理する仕事のことです。
ここでは賃貸管理の業務内容について紹介していきます。

 

入居者を募集

マンションやアパートに空室が発生した場合、まずは入居者の募集を行います。

オーナー様が直接仲介業者への空室情報を発信することに比べ、多くの仲介業者とコネクションを持っている為、より効果的な募集ができ、早期に入居者を見つけることができます。
賃貸経営では入居者からの家賃収入が主な収益となるため、入居者がいなければ収益がなくなってしまいます。

 

家賃集金や督促業務

入居者が賃貸物件に住み始めると、毎月家賃を集める必要があります。
また、家賃の入金がされていない場合は督促を行います。
家賃に関することは大家さんが行う場合が多いですが、賃貸管理の委託を受けた場合は不動産会社が代わりに行います。

 

クレーム対応

クレームとして多いのは隣人の生活音に関することです。

上記でもご紹介したように、入居者同士が直接クレームを言うと隣人間でのトラブル発生の可能性があります。
そのため、クレームの対応は管理会社が行います。
ここでも、基本的に大家さんがクレーム対応を行う場合が多いですが、賃貸管理の委託を受けている場合は管理会社が行います。

 

修繕手配

修繕手配とは、賃貸マンションやアパートなどの設備に不備がみられた場合に、修繕を行うため業者に依頼することです。
大家さんの承諾を受け、修繕手配を行います。

5つ目は、退去後のリフォームです。
建物の老朽化が進むと、空室が埋まりづらくなってきます。
そのため退去者が出たときに必要に応じてリフォームを行うことで、次の入居に繋げることができます。

こちらも管理会社が業者に見積もりを取り、大家さんに確認を受けます。

場合によっては、原状回復のみならず新しい設備の導入を検討するタイミングにもなってきますので、流行りの設備なども把握されていると良いでしょう!

★人気の設備はこちらから

【空室対策】入居者の人気設備を導入し、空室から満室へ!2020年版

 

 

自主管理のデメリットについて知っておこう!

マンションやアパートを購入して賃貸経営を行う方で、自主管理をお考えの方もいらっしゃいますよね。
自主管理が成功すると大きな利益につながりますが、デメリットもあります。
ここでは自主管理のデメリットをご紹介します。

面倒な業務をする必要がある

自主管理では、家賃収入や支出などの会計業務や建物管理、点検業務など多くの業務をオーナー様が行う必要があります。
これだけではなく、クレーム対応や家賃滞納者への対応もあります。
トラブルが起きた場合は対応を行う必要があるため、休みはありません。
そのため、心身ともに疲労がたまってしまうでしょう。

入居者の不満が募る可能性がある

不動産投資を副業としている人や、建物から遠い場所に住んでいる方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合、入居者に対しての対応が遅れてしまうことが考えられます。
設備の不具合やクレーム対応が遅れてしまうと入居者の不満がたまるかもしれません。
そして、入居者の不満が募ってしまうと退去の可能性が高くなるという悪循環に陥ってしまいます。

資産価値が低下する可能性がある

自主管理を行っていると委託している場合に比べて、管理が行き届かなくなってきてしまいます。
管理が行き届かなくなると建物の劣化が進行してしまいます。
そうなると、建物の資産価値が下がってしまうため、売却をする場合でも希望通りの金額で売れないことがあるので注意が必要です。

このように自主管理にはさまざまなデメリットがあることを理解しておきましょう。

 

★エーチームの賃貸管理についてはコチラから

賃貸オーナー必見【0円管理】|月額の賃貸管理費が無料! (ateaminc.jp)

 

 

 

まとめ

今回は、賃貸管理の業務内容をご紹介しました。
オーナー様自身で管理を行うには、かなりの負担になってきます。

建物自体の管理(点検・修繕など)や入居者の募集方法、家賃滞納やクレーム対応など、管理全般のノウハウを持っている管理会社へ委託された方が、オーナー様だけでなく入居者の方にも安心していただくことができます。

我々エーチームと一緒になって所有の物件を安定した賃貸経営を実現しましょう!

電話問い合わせ(名東)メールでの問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸マンション

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】空室継続による損失

空室対策

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑧人気の東山線が使える分譲賃貸

おすすめ物件

賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】共用部の手入れを行うことで入居率が上がることはご存じですか?

空室対策

賃貸管理(オーナー様向け)

これからの台風や災害に備えて

お知らせ

売る・買う

古い戸建の賃貸管理物件で漏水発生!

オーナーさま耳寄り情報
お役立ち情報

借りる

生活保護の方へおすすめの物件⑦徒歩4分人気の東山線が使える分譲賃貸

お役立ち情報