Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】空室が多い物件の共通点とは?

RIKU AONUMA

エーチーム株式会社、空室対策チームの青沼です。

当社は名古屋市内を中心に、空室にお悩みのオーナー様のお手伝いをさせていたただいております。

ご相談いただいた段階で、空室の多い物件には共通点がいくつかあります。

今回はその共通点をご紹介していきます。

 

仲介会社に正確な情報が伝わっていない

 

これは、自主管理のオーナー様も管理会社に管理を委託しているオーナーさまにもあることですが、入居者をつける仲介会社に正確に部屋の情報が伝わっていないことが多いです。

 

例えば、同じ部屋なのに掲載する会社によって家賃などの条件が違ったり、せっかくお金をかけてリフォームをしたのにリフォーム前の古い写真が掲載されているなどです。

これでは、問い合わせをするお客様が混乱してしまい、問い合わせの数が減ってしまいます。

特に管理会社に管理を委託しているのにもかかわらずそのような状態というのは、任せている意味がありませんよね。

 

正しい情報を伝えることでそのお部屋の強みなどもしっかりとお客様に伝えることができ、問い合わせを増やすことができます。

これは、空室を埋めるための最低条件として必要なことです。

 

数年前から条件が変わっていない

 

これも多いのが、数年前の募集条件から内容が変わっていない。ということです。

建物というのは毎年価値が下がっていきます。つまり、それに見合った条件設定をするか、物件の価値を向上させて家賃を保ったり上げていく必要があります。

しかし、空室の多い物件は特に手を加えず原状回復をするのみで、募集条件は数年前から変わらないままということが多いです。

きっとオーナー様は「今までこれで決まっていたからまた決まるだろう」という考えがあるのだと思います。

しかし、現実を見ると何部屋も空室の状態が続いている。というのが答えです。

人口の減少により、賃貸市場が厳しくなっていく中で入居者の獲得競争は激しくなっていきます。

その中で空室を埋めるためには、しっかりと現状を把握して周りの物件に負けない、選ばれる物件にしていくことが大切です。

 

共用部の管理が行き届いていない

 

空室対策の時に、お部屋ばかり気にしてしまい共用部の手入れをおろそかにしてしまうオーナー様がいらっしゃいますが、それは絶対にNGです。

駐輪場や集合ポスト、ゴミ捨て場などがしっかりと手入れされているかというのを入居者は見ています。

特に空室の多い物件で共用部が汚いと「この物件は大丈夫?」と入居者が不安になってしまうこともあります。

なので、共用部の手入れはしっかりと行うようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は空室の多い物件の共通点をご紹介しました。

 

このほかにもそれぞれの物件によって空室の原因は様々です。

しっかりとその物件がなぜ空室なのかという原因を突き止め、解消することで空室を埋めることができます。

 

自分の物件がなぜ空室なのか?原因を知りたい方はエーチームまでお問い合わせください!

無料で調査・分析を行わせていただきます!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】賃貸物件のトラブル対応について②

オーナーさま耳寄り情報
すき家看板

プライベート

【すき家】期間限定!「お好み牛玉丼」

美味しいお店

借りる

賃貸の退去費用ってどんなもの?原状回復や経年劣化についても解説!

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

安定した賃貸経営のための原状回復工事のポイント

お役立ち情報
空室対策
マンションメンテナンス

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸オーナー様必見!】メンテナンスはどのようにしたらいいの?

お役立ち情報
リフォーム・リノベーション
家賃滞納の問題

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】賃貸物件のトラブル対応について①

オーナーさま耳寄り情報