Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

賃貸経営をしていくうえでの悩みをご紹介!

ATEAM EDITOR

「賃貸経営は難しい」
このように、賃貸経営を始めてみて課題を感じている方は多いのではないでしょうか。
事前にどのような課題があるのかを知っておけば、早めに対処できますよね。
そこで今回は、賃貸経営を行う際に良くある悩みとその対処方法についてご紹介します。

 

□賃貸経営を行う際の悩みとは?

賃貸経営を行う上で、どのような課題があるのでしょうか。
ここでは賃貸経営を行う上での代表的な悩みをご紹介します。

1つ目の悩みは、空室問題です。
やはり、賃貸経営を行う際の1番の悩みとなるのが部屋に空きが出ることでしょう。
空室が多くなると家賃収入が少なくなってしまい、不動産投資ローンの支払いにも支障が出る場合があります。

空室の理由は、物件自体の問題や広報活動が上手くいっていない場合など様々です。
しばらく空室が続くようであれば、どういった理由で人が集まっていないのか原因を探してみましょう。

また、入居者を増やすだけでなく、一度入居した人々が継続的に居住しているかを確認してみましょう。
このように、空室を埋めるためには新しい居住者を探すだけでなく、現状の居住者が退去しない工夫も大切です。

2つ目は、入居者のトラブルです。
賃貸経営を長くやっていると入居者のトラブルに頭を抱えることもあるでしょう。

例えば、家賃の滞納です。
入居者の中には、家賃の滞納を繰り返し、電話や直接訪問しても無視する人もいるでしょう。
せっかく空室が埋まっても家賃を滞納する人が入居してしまうと、家賃収入は入ってきません。
また、家賃の支払いを促す行為は精神的に疲弊するため、早急に管理会社に協力してもらい対処しましょう。

入居者トラブルの中には、騒音や異臭などによって近隣に迷惑をかける人もいます。
こうした問題を放置してしまうことで退去者が現れたり、物件の評判が下がったりと悪影響が広がります。
そのため、入居者からクレームが入った場合には、できるだけ早く対処しましょう。

3つ目は、管理会社との相性が悪いことです。
賃貸経営をするオーナーの中には、物件や入居者には満足しているが、管理会社と上手くいかない人もいます。
物件の広報活動を行ってもらえなかったり、空室が出た場合の入居者募集が遅かったりするなど、管理会社の業務に不満を抱くこともあるでしょう。

管理会社は賃貸経営を行っていく上で欠かせないパートナーです。
少しでも信頼が置けない場合には、別の業者を検討した方が良いでしょう。

4つ目は、キャッシュフローが悪いことです。
入居者が上手く集まらない場合や変動金利の上昇によって、キャッシュフローが悪化することがあります。

キャッシュフローが悪化すれば、手元資金が減少して物件の売却を考える方もいるでしょう。
しかし、物件の売却は安易に行わないことをオススメします。
入居者が集まりやすいエリアの場合、キャッシュフローの悪化は一時的な場合が多く、閑散期を耐えれば、再び回復の兆しが見えるでしょう。

5つ目は、物件や設備の修繕費用です。
経年劣化が進んだ物件の賃貸経営をしている場合、設備の故障や建物の劣化に悩まされることになるでしょう。

マンションやアパートの内部設備は10年から15年が寿命と言われています。
築年数が10年以上たっている物件は、いつ設備が故障してもおかしくありません。
突発的な設備の故障が起こってもすぐに修理できるように、設備修繕費は貯蓄しておきましょう。

また、何度も故障が起こる場合には、一度大規模なリノベーションを行いましょう。
旧型の設備を一新することで、故障が発生しなくなるだけでなく、燃費の改善などのメリットもあります。
資金に余裕がある場合には、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

□賃貸経営オーナーの関係者とは?

賃貸経営を行うとどういった人と関わるのでしょうか。
予め関係者を把握しておくことで、賃貸経営でトラブルに巻き込まれた際に、すぐに相談先を見つけられます。

賃貸経営オーナーは、中心となる不動産管理会社や仲介会社の他に、税理士やファイナンシャルプランナー、弁護士、リフォーム会社と関わることになるでしょう。

賃貸経営を行うと毎月不動産収入が入ってきます。
税理士はこうした毎月の収入を管理し、税の申告を手伝ってくれます。
契約内容によってサポート範囲が異なるため、契約時にしっかり確認しましょう。

ファイナンシャルプランナーは、オーナーに経営のアドバイスを行ってくれます。
例えば、キャッシュフローが悪化した場合、どの様に立て直しを図っていくのか、突発的な設備費用の出費にどう見通しを立てるのか、財務の面からアドバイスしてくれるでしょう。

居住者トラブルが発生した場合には弁護士に相談しましょう。
家賃の滞納だけでなく、近隣間のトラブルや設備の棄損など、様々な問題に対して法律の面から協力してもらえます。

リフォーム会社は、設備の修繕や物件のリニューアルを手伝ってもらう業者です。
建物の定期的な修繕は賃貸オーナーの重要な務めです。
リフォーム会社に足を運び、物件のメンテナンス計画を立てておきましょう。

 

□まとめ

今回は、賃貸経営を行う際の良くある悩みとその対処方法について解説しました。
賃貸経営を行う上で、様々なトラブルが発生します。
ご自身だけで解決せずに、随時専門の方に相談して解決するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸管理(オーナー様向け)

空室でお悩みのオーナーの方必見!空室対策のアイデアをご紹介します!

空室対策
リースバック_イメージ

リースバック

【リースバック】ご利用事例(その他)愛知県長久手市

LB利用事例(その他)

街・地域

一社近くに新たなケーキ屋さんがオープン!『patisserie GRAND BRILLER(パティスリーグランブリエ)』

おすすめの〇〇

売る・買う

エーチームのリフォーム事例~工事からご祈祷まで!

リフォーム・リノベーション
リースバックイメージ

リースバック

【リースバック】ご利用事例(相続資産整理) 愛知県大府市

LB利用事例(相続資産整理)

街・地域

車を洗おう!イエローハット併設のおすすめ洗車場

お役立ち情報