Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

賃貸経営を検討中の方へ!仕事内容を解説します!

ATEAM EDITOR

賃貸経営とは具体的にどういった仕事なのでしょうか。
マンションやアパートを運用する賃貸経営ですが、その具体的な仕事内容は分かりにくいですよね。
そこで今回は、賃貸経営をご検討中の方に向けて仕事内容について分かりやすく解説します。

 

□賃貸経営の特徴とは?

賃貸経営は不動産投資とも呼ばれています。
投資という言葉を使うため、保険や株式の様な金融商品の購入を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

一定の収益を目指し運用する点においては金融商品と同じですが、実務が伴う点が異なります。
賃貸経営という言葉の通り、マンションやアパートは保有するだけでなく、様々な管理を必要とします。

入居者と関係を構築できているか、管理会社と協力できているかなどが、月々の収益に反映されます。
購入や売却だけにとどまらず、管理や運営が収益の結果に表れる点は賃貸経営の面白さの1つですね。

また、金融商品の違いとして手元資金と収益の安定性をご紹介します。
それぞれ順に見ていきましょう。

賃貸経営は、手元資金が限られている場合でも始められます。
一般的に賃貸経営を始める際には、金融機関から融資を受けて不動産投資ローンを組みます。
月々の不動産投資ローンの返済は、家賃の収益から支払われるため、多額の資金を用意する必要はありません。

一方で、金融商品は収益額が手元資金に左右されます。
少額でも投資を始められますが、十分なリターンは期待できないでしょう。

また、賃貸経営は金融商品と比べ収益が安定している特徴があります。
金融商品は値動きが激しいものが多いため、大きなリターンを期待できますが、損失が出る可能性も同じく高くなります。
賃貸経営は入居者が安定していれば、収益が変動することはないでしょう。

 

□賃貸経営とは具体的に何をするのか?

次に、賃貸経営の具体的な業務内容を見ていきましょう。
業務内容は主に、入居者に関するもの、物件に関するもの、お金に関するものに分類されます。

まずは、入居者に関する仕事です。
入居者に関する業務は、日常業務、突発的な業務、退去時の業務に分けられます。
日常業務は、家賃の回収が主な業務になります。
居住者がいても家賃を回収できなければ、不動産投資ローンを支払えません。
そのため、全ての居住者からしっかりと家賃が回収できているか確認しましょう。

家賃の滞納が多い居住者や連絡が取れない居住者がいた場合には、入居者に督促状を送ります。
それでも解決できない場合は、管理会社に協力してもらいましょう。

突発的な業務は、入居者のクレーム対応や近隣間のトラブル解決などがあります。
内部設備に不備があった場合やインターネット環境が悪い場合など、現在の居住環境に不満がある場合は居住者からクレームを受けるでしょう。

こうしたクレームには迅速に対応しましょう。
居住者と信頼関係を結ぶことで、長期にわたって入居してもらえるようになります。

退去時の業務は、入居者と一緒に室内の傷や汚れの確認を行います。
住宅に問題がある場合は、修繕費を敷金から回収しましょう。

次に、物件に関する業務をご紹介します。
物件に関する業務も入居者に関する業務と同じように日常業務、突発的な業務、退去時の業務に分けられます。

日常業務は、定期的な清掃とメンテナンスです。
マンションやアパートの共用部分は定期的に清掃しましょう。
日々のメンテナンスによって、外壁や設備は長持ちします。

突発的な業務は、内部設備の故障や建物の修繕です。
一般的にマンションやアパートの内部設備の寿命は10年から15年と言われています。
そのため、物件の築年数が10年以上の場合は、日頃から細かく確認する必要があります。
突発的な設備の故障や建物の修繕に費用を充てられるように、改修費用を貯蓄しておきましょう。

退去時の業務は、部屋のクリーニングと原状復帰です。
退去時に建物に汚れや臭いが付いていた場合には、居住者の敷金から資金を回収し、修繕作業を行いましょう。

最後に、お金に関する業務をご紹介します。
お金に関する業務は、日常業務、定期業務、更新や退去時の業務に分けられます。

日常業務は、家賃と不動産投資ローンの収支管理、修繕費やリフォーム費の積み立て、確定申告に向けた経費の帳簿管理などがあります。
期末の確定申告をする上で財務管理がとても重要になるため、日々の経費は常に記録に残しておくようにしましょう。

定期業務は、年に一度の確定申告と税金の支払いです。
これらの業務は、税理士や会計士に業務を委託することで負担を減らせます。
財務管理が複雑になってきた場合には、依頼すると良いですね。

更新や退去時の業務は、更新費用の受け取りや敷金の清算を行います。
こうした入居者が出入りする際には、お金の出入りも発生するため、必ず収支管理を行いましょう。

 

□まとめ

今回は、賃貸経営をご検討の方に向けて仕事内容についてご紹介しました。
賃貸経営はご紹介した通り沢山の業務があります。
負担が大きい場合には、ファイナンシャルプランナーや税理士など専門家の力を借りながら進めていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

売る・買う

中古マンションの購入について⑨~重要事項調査報告書とは?

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

家族の将来のために賃貸経営を見直してみませんか?

プライベート

久屋大通公園に名古屋の新名所「レイヤードヒサヤオオドオリパーク」誕生!

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

空室のメンテナンスは行っていますか?放置しているとどんどん決まらない物件に!

空室対策
エーチーム管理看板

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】当社管理物件に看板設置しました!

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】賃貸物件のトラブル対応について②

オーナーさま耳寄り情報