Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 プライベート

吉野家の【缶飯】非常用保存食・牛丼を食べてみた!

WAKA YOSHINAGA

 

 

 

 

お馴染みの吉野家の牛丼… の缶詰を頂きました。

 

2019年5月牛丼チェーンの吉野家から非常用保存食として発売された【缶飯】6種類

牛丼・豚丼・牛焼肉丼・豚生姜焼き丼・焼塩さば丼・焼鶏丼

 

発売当初 公式通販では即完売になるほど話題だったそうです。

 

6缶セットで内容により4,620円~5,200円(税込)となかなかのお値段にもかかわらず完売とは!吉野家おそるべし!

牛丼6缶や6種6缶、他に12缶セットのラインナップがあるもよう。

 

 

 

缶飯・6種類

 

 

 

金のいぶき使用

 

 

 

 

***賞味期限は3年?***

 

 

非常用保存食ということで賞味期限は3年と長く作られています。賞味ということですから消費期限は自己責任でそこからさらに長いわけですね!?

 

長いお付き合いのメイドイン吉野家ですから個人的には5年くらいは普通にいける気分です、万が一本当に非常時でしたら8年くらいは自己責任でいけそうに感じます。

 

 

と、目にとまる【金のいぶき・玄米】のロゴ

なぜか白米ではなく玄米IN

 

長期保存でも柔らかくなりすぎないように!?

非常時の栄養バランスを考慮して!?

なのかどうかは知りませんがなぜか玄米。

 

ちなみに玄米好きな吉永【金のいぶき・玄米】は普段うち使いしているのですが白米、玄米ともに美味しい銘柄!お手頃なお値段でおすすめです。

 

 

 

 

いざ実食!

 

 

 

ネコまっしぐら

 

 

缶詰を開けた瞬間、音を聞きつけたわが家のネコが飛んできました

もらう気満々です、ネコ缶じゃないよー!!(笑)

 

 

断面どうぞ~

 

 

***ネコもまっしぐらの実力***

 

開封の音を聞きつけて飛んできたネコ達、ネコ缶ではないと分かった後も缶から離れません。

 

通常ネコ缶ではないと悟るといなくなるのですが、今回しつこくねばっていたのでこれは【美味しい期待】がふくらみます(笑)

 

箸を入れた感じはみっちり詰まってる感じ、缶詰で見ると小さく思えましたがわりと入ってるかも???ご飯も思ったよりもしっかりと入っていました。

 

当然ご飯がつゆを吸っているのでまさかの吉野家つゆなしの状態です!

 

 

 

↓ ↓非常食ですのでまずはそのまま温めずに食べてみることに↓ ↓

 

 

 

温めなしそのまま

 

 

今の時期、常温でも冷たくはないのですが上画像のように少し脂がかたまってみえます。

ちょっと温めたいとは思いますが、これは非常食なのでとりあえずそのままそのまま~

 

 

ふつうに美味しいです、チョッと濃い吉野家の味…

 

けっこう濃いめの味付けは、長期保存食だからでしょうか?それとも温めていないから??

少量で満足感を得られるように?というのもあるかもしれませんね。

 

↓ ↓軽く温めて器に移してみました↓ ↓

 

 

 

お茶碗によそってみた

 

 

 

缶詰ごと湯せんであたため、とかいてありました

非常時はそのまま食べるのでしょうが、今回は内容量を確認すべくお茶碗によそってみました。

 

温めた牛丼は脂がとけてほぐしやすくさっきまでのみっちり感はありません。

 

缶から出してほぐすと倍くらいに増えました~(嬉)

289カロリー

 

当然ですが温めてほぐしたほうが甘みも出て美味しいです が!

 

非常時に温められない事も想定してつくられているため、常温・缶のままでもじゅうぶん美味しく頂けました!!

 

 

 

 

追いご飯

 

 

とはいえやはり通常の吉野家の牛丼と比べると濃い味のため

追いご飯してみました~イケる、もはやおかず!?!?

 

 

 

***備えることの大切さ***

 

 

実は今回初めて非常食・保存食というものを食べました

これまでの【美味しくなさそう】【仕方なく食べる物】と思っていた非常食・保存食のイメージが大きく変わりました。

 

それと同時に、非常時を少しでも希望的に少しでも快適にすごすため、備える事が大事だと気づいた独り試食会でした!!

 

いざという時の備え 見直してみようと思います。

 

 

 

 

吉野家保存食の箱

 

 

ところで缶飯が送られてきた箱、その内側に【日本橋魚市】の絵が…牛丼なのにどうして魚市場??と気になり調べてみました。

 

東京日本橋・魚市場1899年に吉野家が個人商店として開業

魚市場で働く人たちのためのお店だった、とありました。

 

吉野家の原点、始まりを大切にする気持ちにすっかり感じ入ってしまい…箱が捨てづらくなった吉永(笑)

 

箱はきれいに裏返しにたたんで処分しました。

 

ごちそうさまでした

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。