Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 借りる

賃貸物件の残置物、サービス品はしっかりと確認を!

RIKU AONUMA

 

 

 

お部屋探しの際に、お部屋にエアコンやウォッシュレットなどどんなものが取り付けられているのかはほとんどの方がご確認されます。

 

しかし、その取り付けられているものが賃貸契約においてどのような扱いになっているのかというところまでは意外と気にされていない方が多いです。

 

その、取り付けられているものの扱いというものは大きく分けて2つ、

「設備」と「残置物(サービス品)」と分類されます。

 

この違いを知っておくことはお部屋探しにおいて時に重要になってくることがありますので、今回はその違いをご説明させていただきます。

 

設備と残置物の違い

 

設備と残置物の違いとして最も重要になってくるのは、

『通常使用していて破損した場合に貸主負担によって保障されるか』というところになります。

 

まず、設備というのはその名の通りお部屋に付帯されている設備で、故意過失の場合を除いて、壊れてしまった場合は大家さんの負担で修理や取り換えをしてくれます。

一方、残置物とは基本的に前の入居者が置いて行ったものとなります。

 

ですので、もともと部屋に付帯されている設備ではないので、壊れても補償はしません。というのが基本的な考え方です。

大家さんによるプレゼントなどのサービス品もこれと同じ扱いです。

 

逆に言うと、残置物の場合は必要がなければ処分しても結構ですが、設備の場合は勝手に処分すると退去時に請求される場合があるので、必ず管理会社や大家さんに確認する必要があります。

 

設備と残置物の見分け方は?

 

こうは言われても、設備と残置物の違いは内覧時に目に見えてわかるわけではないので、判断が難しいです。

 

では、どうやって見極めるのか。

とても単純ですが不動産屋さんに『残置物扱いのものはあるのか』と確認するのが一番です。

もちろん、契約時には設備の説明はされますが、内覧の際などに確認しておくと、残置物だった場合それが必要なければ入居前に事前に撤去してくれる場合があります。

 

入居してからになると、大きいエアコンなどは自分で処分しようと思った場合大変ですし、撤去費用が掛かったりしてきます。

ですので、気に入ったお部屋に必要のないものがあれば、それが残置物やサービス品かどうか不動産屋さんに確認することがおすすめです。

 

東山線徒歩10分以内のお部屋探しは『ちんたい家』、不動産に関するお困りごとは『エーチーム』にご相談ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

金沢中央市場食堂

街・地域

メニュー豊富で新鮮な定食屋さん!『金沢中央市場食堂』名古屋市名東区

おすすめの〇〇
美味しいお店

売る・買う

中古マンションの購入について⑩~重要事項調査報告書のチェックポイント(管理費等)

お役立ち情報
リースバック

リースバック

【エーチームのリースバック】基礎知識編

お役立ち情報
ラムート池下

街・地域

La muto(ラムート)池下のイタリアンレストラン【千種区】

美味しいお店

街・地域

名古屋市評判のいい病院リハビリが人気の名東区【さいとう整形外科】

お役立ち情報

売る・買う

中古マンションの購入について⑨~重要事項調査報告書とは?

お役立ち情報