Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 街・地域

名古屋栄のど真ん中に金シャチ降臨!

SATO SACHIKO

今日からあの名古屋のシンボル名古屋城の金シャチが栄に登場

2021年4月10日(土)より名古屋栄の「ミツコシマエヒロバス」にて名古屋城金シャチ特別展覧」と題して

あの名古屋城で輝いていた名古屋のシンボル金鯱と触れ合える?イベントが行われると聞いて

早速足を運んでまいりました。

爽やかな日差しがまぶしい好天の今日、もう一つの名古屋のシンボルテレビ塔も美しい!!

 

 

 

 

木造復元計画中の名古屋城(現在閉館中)に輝く金鯱

 

金鯱=金のしゃちほこ。現在は閉館中の名古屋城の天守閣に輝いていました。1612年(慶長17)、史上最大の延床面積を誇る天守閣の完成の際、徳川家康の支配力や尾張徳川家の権威を誇示するため、絢爛豪華な金鯱が載せられたそうです。

 

 

金鯱は雄(北側)と雌(南側)の一対で、雄の方が大きくつくられています。体を覆う金の鱗は雌の方が多く、きらびやかに演出されているのも特徴です。

 

江戸、明治、大正、昭和と333年の長きにわたり名古屋城を守ってきた金鯱ですが、残念ながら1945年(昭和20)5月、太平洋戦争の空襲により天守閣もろとも焼失してしまいます。しかし、名古屋の人々の熱意により、昭和実測図などをもとに詳細に復元され、2代目の金鯱が再建された天守閣(閉館中)の頂で輝いていました。その金鯱が間近で見られる?そして触れることができる?と聞いて仕事中ではありましたが、自転車に乗って会場にむかいました。

 

 

 

コロナ対策万全、安心して見学できます!

会場はオープンスペースですので安心です。

消毒や検温もされています。

金鯱に触れることができるので入口では指輪などの貴金属を外すよう促されておりました。

 

いよいよ金鯱さん登場

 

 

触れるのは向かってオスの金鯱さん

一対に並んだオスとメスの金鯱ですが、向かって右側がオスです。

確かに少し大きいですね。

触ってみましたよ。

これがあの名古屋城天守閣のてっぺんにいたとは…。

金ってすごいですね。

雨ざらしにでもこんなに美しく輝きを保てるとは。感激。

金鯱は名古屋の誇りです!

 

おまけは「疫病退散 金シャチおみくじ」

 

金鯱さまの力でコロナを吹き飛ばせ!ということでしょうか。

疫病退散「金シャチおみくじ」が目を惹きました。

もちろん100円投入!

中吉の割に辛口(笑)。

一つ一つ読んでみると結構面白くて、ひとりで笑ってしまいました。

願い事「高望みをしなければ叶います」

おもしろい。

名古屋限定、金シャチにちなんだお土産もたくさん!

 

さいごに

会場のミツコシマエヒロバスにはカフェもあり、初夏のような青空のもと気持ちよさげにくつろいでいらっしゃいました。

今日から始まった「名古屋金シャチ特別展覧」ですが、こんな機会はめったにありませんので、

是非期間中名古屋の歴史を空から見てきた金鯱さんを間近でごらんになってみてください。

そして、まだまだ先にはなりますが、再び木造復元された名古屋城の完成を心待ちにしております。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。