Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

マンションやアパートの空室対策はどうするべき?その方法をご紹介します!

ATEAM EDITOR

賃貸マンション外観マンションやアパートのオーナーにとって空室対策は必須になるでしょう。
空室が生まれてしまう原因は、物件によってさまざまです。
そのため、自身の所有する物件にどのような問題があるのかを把握し、適切な対策ができるようになる必要があります。
そこで今回は、アパートやマンションの空室対策の方法をご紹介します。

 

□空室がある原因とは?

空室ができてしまう原因にはさまざまなものがあります。
ここからはそんな原因をいくつかご紹介します。

まず1つ目は、物件情報の掲載を怠っていることです。
宣伝や広告を任せる不動産業者によっては、積極的に宣伝してくれない場合があるため注意しましょう。
満室を目指すためには、管理会社や仲介業者との協力がとても大切になってきます。

2つ目は、費用が高すぎることです。
周辺の相場よりも費用が高すぎると、比較対象の対象外になってしまいます。
例えば、周辺地域の家賃相場が6万円のエリアで、家賃を9万円に設定していては、よほど付加価値の高くない限り入居者を確保するのは困難でしょう。
多くの場合、賃貸を探している方は立地で大まかに情報を絞り込むため、相場よりも費用が高すぎてしまうと、それだけで比較・検討の対象外になってしまいます。

3つ目は、共有スペースが汚いことです。
個々の部屋だけでなく、郵便受けや床、壁といった場所も良し悪しを測る基準の1つです。

例えば
・郵便受けの周りにチラシが散らかっている
・ゴミ捨て場のゴミがあふれている
・床や壁に目立つ汚れがついている
・異臭がする
このような問題があると、内見の際に悪い印象を与えてしまうでしょう。

4つ目は、共有スペースが暗いことです。
共有スペースが暗いと、物件全体の印象も暗く見えてしまいますし、防犯面での不安を抱かれる方はきっと多いでしょう。
特に、女性向けに魅力をアピールしたい場合は、暗さは致命的な問題となってきます。

空室ができてしまう原因について理解が深まってきたところで、次はその対策法を見ていきましょう。

 

□空室を埋める!その対策法について

では、空室を埋めるためにはどうしたら良いのでしょうか。
ここでは、4つの空室対策をご紹介します。

まず1つ目は、ターゲットを見直すことです。
ペットを飼いたい入居者の方や近年増加傾向にある外国人労働者の方、高齢者の方といったように、ターゲットを絞ることで費用をかけずに空室対策ができるでしょう。

2つ目は、入居者の費用負担を減らすことです。
家賃や更新料は下げると収入が下がってしまうため、慎重に行いたい空室対策でしょう。
そのため、敬遠される賃貸のオーナーの方も多いのではないでしょうか。
しかし、更新料や敷金、礼金の値下げ・廃止は、コストをかけずにすぐに行える空室対策でしょう。

ゼロ賃貸オーナー用

3つ目は、募集資料を見直すことです。
近年では、新しくお部屋探しをしている方の不動産会社店舗への訪問数と物件見学数はともに減少しています。
これまでも賃貸仲介会社に行く前にご自身でインターネットを利用してお部屋探しをする方は増えていましたが、これからも引き続き増加していくと考えられます。
そのため、新しくお部屋探しをしている方が賃貸のサイトに掲載されている物件の内見に行くかどうかは、そこに掲載されている情報や写真が判断材料になってくるでしょう。

だからこそ、掲載情報が古くなっていないか、写真が分かりにくくないか、入居者の気持ちになって見直してみることが大切になってきます。

4つ目は、共有スペースの清掃です。
先ほどご紹介したように、共有スペースが汚いと内見した際の第一印象が悪く、入居に繋がっていないケースが多いのです。
第一印象をよくするために、まずは「エントランス」「ゴミ置き場」「郵便受け」の整備をしましょう。

 

□リフォームも活用してみる

最後に、お金のかかる空室対策としてリフォームをご紹介します。

まずは外壁塗装です。
これは、大規模修繕の1つでもあり、外壁が塗り替えられるだけで新しい印象に生まれ変わるため、空室対策としても有効でしょう。
たまに、せっかく外壁を塗り替えたのにも関わらず、古い写真をそのまま広告に載せている場合があります。
それではもったいないため、写真は必ず差し替えるように注意しましょう。

次はセキュリティ対策です。
特に、1人暮らしの女性の方にとって防犯対策はとても大切なものになってきます。
そのため、オートロックや防犯カメラといったものを設置してセキュリティを強化することは、空室対策にも繋がるでしょう。

ゼロリノベ

□まとめ

今回は、アパートやマンションの空室対策についてご紹介しました。
空室対策は、闇雲にお金や労力をかければ良いというものではありません。
どの空室対策を行えば効果的なのか、最終的な判断をするのはオーナーです。
そのため、賃貸経営を成功させるためにも、空室対策に関する知識を深めておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

街・地域

伊勢志摩生まれの人気たい焼き店『わらしべ』が名東区にニューオープン!

おすすめの〇〇

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】空室が多い物件の共通点とは?

空室対策

売る・買う

中古マンションの購入について⑪~災害リスクについて

お役立ち情報
不動産売却

リースバック

【リースバック】未成約事例 愛知県豊川市

LB未成約事例

プライベート

【からやま】期間限定!「4種のチーズからあげ定食」

美味しいお店

賃貸管理(オーナー様向け)

賃貸物件をルームシェア可で募集するときの注意点やポイントをご紹介!

お役立ち情報
空室対策