Ateam BLOG

ブログ

カテゴリ一覧 賃貸管理(オーナー様向け)

賃貸管理の種類について

TAKAFUMI KUROKI

エーチームでは「賃貸管理」の業務を行っております。

いわゆる「賃貸管理」にもいくつかの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

長期にわたり入居者との良好な関係を築き、建物もより良い状態を維持して安定した賃貸経営を行うために、それぞれのオーナー様に合った管理形態を選んで頂ければと思います。

 

自己管理

オーナー様自ら建物のメンテナンスや入居者対応、賃料の管理、改装工事の手配など全ての管理業務を行う形態です。以前はこの形態が多かったのですが、管理会社に委託したり、サブリースに切り替えるオーナー様も増えています。

管理業務を全て自分で行うため、管理に掛かる費用を抑えることができ、建物の状態や入居者の状況を把握できることがメリットです。そして入居者との交流があることで、クレームやトラブルが緩和されることもあります。

逆に全て自分で行うため、物件数が多くなるとメンテナンス業務やクレーム・トラブル対応などで身体的・精神的負担を受けることがデメリットです。周辺物件との比較や賃料相場の調査等を行い、空室時には仲介業者への物件紹介なども必要となります。

 

委託管理

管理会社に建物のメンテナンスや入居者対応、賃料の回収や送金等の業務、入居者募集業務などを委託する形態です。管理会社やプランによって違いはありますが、自己管理の一部を委託したり全ての業務を委託するなど、オーナー様が選択できる形態が多いようです。

建物のメンテナンスや入居者対応、賃料の管理や改装工事の手配などの業務の負担が軽減されることがメリットです。入居者からのクレームや滞納回収なども管理会社にお任せする事で精神的負担もなくなります。

デメリットとしては管理費用や募集費用等の発生、入居者や建物の状態をレポートしてもらう必要があります。

 

サブリース

オーナー様の建物を一括で借り上げ、それを第三者(入居希望者)へと貸し出す形態です。

賃貸経営をまるごと保証会社にお任せするため、空室があっても賃料は保証され安定した収入が見込めます。そして経営業務のリスクが減少することがメリットです。

デメリットとしては賃料の保証に対しての保証料が発生する事や、礼金などの収入が無くなる事です。

 

管理形態はそれぞれにメリットとデメリットがあります。

初めての賃貸経営や所有物件が増えたタイミングで、どのような管理形態にするかお悩みの際にはお気軽にエーチーム株式会社までご相談ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT US お問い合わせはコチラから

お気軽にエーチームまでご相談ください。

LINEからでもお問い合わせ可能です!

PRODUCE YOUR LIFE エーチーム株式会社は不動産で
あなたの人生をプロデュースします。

  • - 空室対策・賃貸満室経営はコチラ -

  • - お部屋探しはコチラ -

  • - リースバックはコチラ -

  • - 売買・収益物件はコチラ -

Ateam BLOG エーチームブログ

「不動産」や「暮らす」に関するあらゆるエージャーナル(良い記事)を配信。
エーチームが選ばれる理由がきっとお分かりいただけます。

賃貸管理(オーナー様向け)

【空室対策】空室のメンテナンスに行ってきました!

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

分譲マンション所有のオーナー様からの相談

お役立ち情報

賃貸管理(オーナー様向け)

賃貸マンションのゴミ置き場について

オーナーさま耳寄り情報

売る・買う

中古マンションの購入について⑫~重要事項調査報告書のチェックポイント(建物編)

お役立ち情報
サブリース 賃貸経営

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸経営】サブリースってお得なの?メリットやデメリットをご紹介!

オーナーさま耳寄り情報
お役立ち情報
宅配ボックス

賃貸管理(オーナー様向け)

【賃貸管理】人気の設備!宅配ボックスをご紹介

オーナーさま耳寄り情報
お役立ち情報
空室対策